231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

メンズ二つ折り財布の機能と魅力

サイフには大きく分けて、長財布と二つ折りタイプとがあります。そしてメンズの場合、二つに折るタイプを使う場合が多いです。というのも、ズボンの後ろのポケットなどに収めやすいためです。メンズ用の場合、小さな小銭入れとカード入れ、お札入れのあるサイフが多いです。ただ女性用と違い、小銭入れも小さめなため、全体的に薄く収まるのが特徴的です。そんな薄くて持ちやすい二つに折るタイプのサイフだからこそのメリットとして、コンパクトにすべてが収まり、持ち運びやすいという魅力があります。一方、二つに折るからこそのデメリットもあるのですが、生活スタイルによってはとても使いやすい種類のものとなります。そこでこの記事では、二つに折るタイプのサイフのメリットとデメリットを、男性に多い使い方から見ていきます。

コンパクトに収まるから安全に使える

二つ折りタイプの最大のメリット、それは場所をとらないことです。例えば長財布の場合、ズボンの後ろのポケットに入りづらいので、別にカバンを用意する必要があります。しかし、どうしてもお札を曲げずにいれる分少し大きくなってしまうため、カバンの中でも少し場所をとってしまいます。一方、二つ折りタイプの場合、使う幅は格段に小さくなり、ズボンの後ろポケットにも入れやすくなっています。男性の場合、カバンを持ち歩かずズボンの後ろにいれる人も多いです。二つに折れるタイプなら、安心してズボンの後ろにいれて持ち歩くことができます。また、小型で自分の身にもつけやすいため、安全面にも優れています。もしサイフ・携帯など、貴重品を一つのカバンに収めた場合、そのカバンを無くしてしまったらすべてを失ってしまいます。自分の身の近くで、安全に持つためにも小さめのサイフがおすすめとなります。

ダメージが溜まりやすいという注意点も

小さくて持ち運びもしやすいため、メンズに人気の高い二つ折りタイプの財布ですが、使う上で注意する点もあります。それはサイフそのものの傷みやすさです。二つに折るタイプの場合、お金をとりだす際に必ずサイフの外側の部分を広げ、サイフをしまうときに再び曲げます。このように二つに折るタイプの場合、サイフやお金を出し入れする度に皮を曲げることとなり、結果的にその積み重ねがサイフにとって大きなダメージとなってしまいます。また、ズボンの後ろのポケットに入れている場合は座るとき等に下にひいてしまうため、サイフを押しつぶしてしまいます。これもダメージにつながるため、どうしても少し傷みやすい傾向があります。ただし、生活スタイルに合っているなら使いやすいものが一番ですので、痛んできたら新しいものに変えるくらいの気持ちでいた方がいいでしょう。

GANZO(ガンゾ)は、ベルトのバックルも製造しております。 貴重なスモールクロコを、職人の手で作り上げました。 長財布、名刺入れ、パスケースなどの革製品をお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 GANZO(ガンゾ)は、日本の職人が一切妥協する事なく作り上げた革製品を取り扱っております。 長年愛用できる革製品をお探しの方はGANZO(ガンゾ)のオンラインショップへ。 メンズの二つ折り財布の通販なら【GANZO(ガンゾ)】